PFCS SS劇場!

パラレルファクター カルティベイトサーバーのSSをまとめるブログです。主にツイッターでのやり取りを纏めます!

塩の砂漠

「塩の砂漠?」


「えぇ、戦争中は海の潮が退いて出来た湖だったようですが、なんらかの原因によって干からびて、急速に付近の植物が汚染されて砂漠と化した場所です」


「ふむ……戦争の爪痕か。木々は燃え、動物も狩り、戦場はあまりにも荒れていた。環境に変化があってもおかしくはないが……」


「まだ戦争の影響とまでは決まっていません。というより、不可解な点が多くてこれが人為的な物なのか自然発生したものなのか、精霊たちでもわからないのだそうです」


「報告をみる限り、これはただの砂漠化ではなく『侵食』だとのことだが、調査に出たのは誰だ?」


「ハニータさんです。自然補佐監理局の……」


「む……生物学の専門家か。誇張抜きの緊急事態だな。その『侵食する塩』とやらの調査が必要か……。それで、場所はどの辺りだ」


「ブルギニオンの東部です。調査はある程度戦力が必要かもしれません。あそこはあまり好き好んで通る人は居ませんから……」


「あぁ、戦時中もあの辺りは傭兵の物資補給拠点……つまり武器の密輸の取引場だったな。……さすがにもう行われていないと思いたいが……」


「……まぁ、現状我々も自国に手一杯で触れていない土地というだけで、危険度の高さは紫電さん達に任せられる程生ぬるくないですね」


「うーむ、となると、聖騎士団に頼る他ないか」


「乗り気じゃなさそうですね、その顔は……」


「だってなぁ……あいつら命令聞かないからな……」


「王様でしょう……しっかりしてくださいな……」


「元だ元。ときどき忘れそうになるが」


「仕事増えてますもんね……。あ、でしたらショコラ陛下に相談させては?」


「いや、ダメだ。聖騎士団の連中は頭もよく回る有能ばかりだからな、気づかないうちに言いくるめられるのはショコラの方だろう」


「一筋縄ではいきませんねぇ……。やはり私から直談判しますか?」


「……実は気になることもあってな。この件は私が直に当たってみよう。期待はしていないがもしかするとこの塩の侵食……奴に関係あるかもしれん」


「奴、と言いますと?」


「切り込み隊長、カリソン卿だ」