PFCS SS劇場!

パラレルファクター カルティベイトサーバーのSSをまとめるブログです。主にツイッターでのやり取りを纏めます!

【学園】放課後のゴミ拾い

クロロ「なんだよちび、何かよう?」前髪サッ


プロキシ「……」前髪サッ


クロロ「っ、はぁ……僕の真似?何が楽しいっていうんだ……ふん、もうすぐ夕方の警報がなるぞ。帰りなよ。」スッ


プロキシ「……」スッ


クロロ「あ、おい……」


プロキシ「……?」


クロロ「それはおもちゃじゃなくてゴミだよ。指がベタベタになるぞ。遊びじゃないんだって、あっちいけったら」


プロキシ「……」スッ


クロロ「ん、あぁ、あそこにあるのもゴミだね。見なよこの辺の汚さ。みんな勝手に遊んで、勝手に捨ててるんだ。大人げなくて反吐が出るね」カラン


プロキシ「……」カラン


クロロ「君も拾うのか?誰も褒めてくれやしないし、ただ汚れるだけだ。楽しくもないし終わりもしない。こんなことしたって無駄かも知れないさ。それでもやるってんなら勝手にやったらいい、すぐ飽きるだろうけどね」カランカラン


プロキシ「……」カランカラン、ガサガサ


クロロ「あ、待てよ。それは別だ。こっちの袋だよ。それはそっち、これはこっち」

 

プロキシ「……?」

 

クロロ「燃やせないゴミを燃やせば空気が汚れて、どんどん町は汚くなる。でも、だれもそんなこと考えやしない。捨てたいように捨てて、自分の首をしめる。その巻き添えに関係のない人たちが損をする。それが結局世の中さ。無責任な奴等のとばっちりなんて、僕は御免だよ」ガサガサ


プロキシ「……」ガサガサ


クロロ「……放送が鳴ったら帰るからな」

 

***

 

クロロ「……疲れたな」フゥ…


プロキシ「……」フゥ…


クロロ「見ろ、300円も落ちてる。ジュースくらい買ってもバチは当たらない。喉も乾いたしね。君はどれにする?」


プロキシ「……」


クロロ「無口だな君は。じゃあピックルンだ。ペットボトルや缶はもう増やしたくないしね」ポチ ガコン


プロキシ「……」ピョンコピョンコ


クロロ「届かないか。仕方ないな、ほら」ダッコ


プロキシ「……」ポチ ガコン


クロロ「自分の為に、自分の意思で何かをする。大変だし、誰も見てないけどさ、これだけは言えるね」ゴク


プロキシ「……」ゴク


クロロ「……このジュース、今一番美味しく飲んでるのは、僕らだけだ」ニコッ


プロキシ「……」ニコッ


~よい子の皆様~五時を過ぎました~そろそろおうちに~


クロロ「時間だ。永遠に終わらないかと思って始めたゴミ拾いだったけど、何にでも終わりはあるんだな。じゃ、僕は帰る。君も寄り道するなよ。商店街を通れば怖くない。今度からあまり一人でうろつくなよな」


プロキシ「……」ガッ


クロロ「……」


プロキシ「……」


クロロ「……?(なんだろう、この子の言いたいことがわかるような気がするな)」


プロキシ「……」


クロロ「あぁ、『またね』」


プロキシ「……」ニコッ!

 


タッタッタ……

 


クロロ「……変な奴」