PFCS SS劇場!

パラレルファクター カルティベイトサーバーのSSをまとめるブログです。主にツイッターでのやり取りを纏めます!

【学園PFCS】紫電の本命

紫電「……ラミリア。ちょっと、聞いてもいいか?」


ラミリア「ん、紫電さん?どうしたの?」


紫電「いや、なんでもねぇけどよ。その……今日バレンタインだろ。お、お前も本命とか、いんのか……?」


ラミリア「っ!ちょ、そんなストレートに聞く!?」


紫電「い、いや、そうだな、わりぃ……。いや、いるとしたら、どんな風に渡してるのか気になって……」


ラミリア「……!ははぁん、紫電さんもしや本命相手いるんだ……?」


紫電「ばっ!!そんなんじゃねーよ!!ま、周りの奴等がコソコソしてんのが気になってただけだ!!それより、お前はチョコ渡すのかよ!?」


ラミリア「渡すわよ?幼馴染みの飢えた男共に、お情けのチョコを手渡しでね~」


紫電「お、幼馴染み……友チョコか?」


ラミリア「そうね。あたしバレンタインなんて別に興味ないもん。でもあげなきゃあげないで騒ぐ奴もいるし……どうせあげるならみんなの分もってだけ。」


紫電「そ、そうか…………。く……クォにも、渡すのか……?」


ラミリア「へ?あ、うん、まぁ、そうね、勿論『友チョコ』ね。『友チョコ』!なんで?」


紫電「あ、え、えと、いや、そのー……そう、いつも一緒にいるし、仲良いだろ。いや、ただ聞いただけだ、なんとなくだ!」


ラミリア「……えっと。紫電さん、あなた……」


クォル「なんの話してんだー?」


紫電「うわぁ!!く、クォ!!」


ラミリア「ばっ!!バカ、いきなり話しかけないでよ!!なに考えてんの!?」ドンッ


クォル「ぐふぅ!!おま、み、みぞおち……!!」


紫電「お、俺用事あるから!!サンキューラミリア!!」


ラミリア「あ、うん。ごめんね、参考にならなくて!頑張ってね!」


クォル「何々?女子の秘密のはなs……オゥッッッ!!!」


ラミリア「沈んどけっ!!」

 

 

 

紫電「夜になっちまった。結局……渡せなかったな……」


紫電「下駄箱はいっぱいだったし、クォの机にいれるところ見られたら困るし……面と向かってなんて、渡せる訳……」


紫電「……どうしよう、このチョコ……。せっかく作ったけど……クォに食べて貰えないなら……意味ねぇ……」


紫電「……っ!!こ、こんなもの!!こうしてやる!!」ブォン!


クォル「あー、遅くなっちまっ……うぉっ!?あぶねぇ!!」パシッ!


紫電「く、クォ!?」


クォル「紫電!?お、おい、お前こんな質量のもん投げて人に当たったら……ん?この箱は……」


紫電「か、返せ!!俺のだ!!」


クォル「んんー、、、読めたぜ。そーいうことか!俺様天才!」


紫電「っ!ど、どういうことだよ!!テメーには関係ないだろ!!」


クォル「そりゃそうだけどよ、俺様食べ物を粗末にするのは許せないタチなんだよな……」


紫電「な、なんで食べ物って……!!」


クォル「決まってるだろ!美味そうなチョコの匂いがするからだ!!」


紫電「うぅっ!!ち、ちげぇんだ、それは!!その……余ったっつーか……」


クォル「ふーん。……なぁ、捨てるくらいなら俺にくれよ。いいだろ?な!クラスメイトじゃん!!っつーか、捨ててるの拾ったわけだから、実質もう俺様のだよな~?」


紫電「えっ!!え、いや、それは……その……えっと、ちょっと失敗した奴で……」


クォル「へぇー、案外器用だなぁお前……この刺さってるのなんだ?これもチョコ?」


紫電「お、おいっ!!勝手に開けんな!!」


クォル「失敗には全く見えねぇけどな……いただっきまーす」モグッ


紫電「め、目の前で食うか普通ー!!」

 

 


クォル「……」


紫電「……?」


クォル「紫電さ、このチョコ……本命だろ」


紫電「っ……!な、何を……」


クォル「すげぇ手の込んだ味がするよ。手作りじゃなきゃこんな深い甘味は出ないし、適当に作れるもんでもない筈だ」


紫電「っ!!ち、ちげぇって言ったろ!!」


クォル「嘘つけ、こんなに美味いチョコが義理な訳がねぇ。お前が苦労して、本命に気持ちを込めて作ったってのは、俺でもわかる。伝わってくるよ」


紫電「え……」


クォル「だから……その……なんつーか……」


紫電「……く、クォ……」


クォル「……」


紫電「……」


クォル「……だから、来年はちゃんと本命に渡せるといいな!!大丈夫だ、味は俺様が保証するぜ!!絶対お前の気持ちも相手に伝わるって!!」


紫電「……え?えっと、いや、それ、え?」


クォル「いやぁ、ビックリしたぜ!お前お菓子作るの上手いんだなぁ、パティシエとか案外向いてるんじゃない?また何か作ってくれよ!お礼はするからさー!」


紫電「あ…………あぁ……ありが……と……」


クォル「あ、あとさ、実はちょっと聞きたいことあるんだけどよ……お前、ラミと今日話してたよな」


紫電「ラミリアと……?あぁ……廊下で少しだけ……」


クォル「あのさ……あいつ、誰かにチョコ渡すとか……言ってた?あ、いや、名前とかまで言わなくていい!ただほら、あいつもけっこー不器用じゃん?大丈夫かなーって思っただけなんだがな?一応、そう、念のためな!!」


紫電「……いつもつるんでる奴らの分の友チョコで忙しいし、バレンタインに興味無いっつってたけど……」


クォル「ほんとか!?はー……良かっ…………っと!何でもねーんだ!!変なこと聞いて悪かったな、ありがとな!!それじゃ、また明日!!」


紫電「あ、あぁ……じゃあな……」

 

 

 

 

紫電「チョコ、美味いって言ってくれて、良かった。なんとか、ちゃんと作れたってことだよな」


紫電「ギリギリだったけど渡せたし、喜んでくれたしよかった」


紫電「よかっ……た……けど……」


紫電「本命に……俺の気持ち……伝わんなかったんだよ……クォ……」

 

 

 


クォル「……なんか、すげぇムカつく」


ラミリア「何よ、出会い頭に」


クォル「いや、どうして受け取ってやらねぇのかなってさ。あんなに思われてるのに気づいてやれねぇなんて男として恥ずかしくねぇのかって」


ラミリア「ちょっと、話が見えないんだけど?糖分とりすぎなんじゃないあんた」


クォル「それがさぁ。紫電の本命チョコ……知らずに食っちまって……」


ラミリア「は!?ちょ、ちょっと!!何やってんの!?いくらなんでもそれはありえない!!」


クォル「いや、事故だったんだって!!投げ捨てたのを俺様が華麗にキャッチしてさぁ、こう、カッコつけてみたらさ……」


ラミリア「はぁ……」


クォル「……めちゃめちゃ美味かった。洒落にならねぇ」


ラミリア「あんたって男は……ほんっとうにバカ……」


クォル「そんな、すごく丁寧に作ったチョコをなんで捨てなきゃならないんだ?受け取ってやればいいじゃんかよ。本命相手が許せねぇ」


ラミリア「……渡せなかったんでしょ。誰もがあんたみたいに単細胞な訳じゃないのよ?好きな相手に渡すのって、それだけ勇気がいるんだから。少しは気持ち考えなさい!」


クォル「だからよー!!あんなに好かれてるんなら男の方から気づくだろ!?俺様なら絶対気づく!!自分から貰いにいくぞ!?それが男ってものだろ!相手が誰かわかったら、いつかこの俺様が一発気合いいれてやる!!」


ラミリア「…………筋金入りだわ……」


クォル「ん?なんか言った?」


ラミリア「うるさいっ!!」