PFCS SS劇場!

パラレルファクター カルティベイトサーバーのSSをまとめるブログです。主にツイッターでのやり取りを纏めます!

火の精霊長カッサンドラ

コニャ「オオオオォォォッス!」


カッサンドラ「オシャアアァァァッス!」


コニャ「そんじゃー指示頼むわ。精霊長」


カッサンドラ「っせーな。てめーは玉鋼でも鍛えてろっス」


マゴ「おいらはどうすっぺ」


カッサンドラ「砂鉄が足りてねーだろ。とっとと掘って来るっス」


ガンモ「すっかり板についてきただな、カッサンドラ。うめぇこと回ってらぁ」


カッサンドラ「だりぃっス。もう200年くれー生きとけっつーのクソ親父……」


ガンモ「毎日悪態つくくれー大好きな親父さんだっただか。この分ならあっちの世でも鼻高々だぁよ」


カッサンドラ「おめーは何してるっスか。喋ってる余裕なんかねー。うめぇカツサンドだって食えねぇ位っスよ」


ガンモ「わーってらぁよ。でもなぁ、カッサンドラ。仕事場ってーのは神聖でなくちゃなんねぇだ。おめさんわかってねぇ」


カッサンドラ「は?バカにしてんスか?すっこんでろっスよ」


ガンモ「そりゃおめさんのことだぁな。おい、持ってけや」


『ウーイ』


カッサンドラ「なにしやがるっスか。ボケコラテメーら。離せっス」


ガンモ「寝るのも仕事の内ってこたぁ覚えとけや。健康でねーと良い仕事なんて出来やしねぇぞ。親父さんも言ってただなぁ」


カッサンドラ「クソが~……ウ……」zzz


ガンモ「あぶねぇあぶねぇ。寝オチが突然来るってんだから困るだよ。親父さんもそうだっただ。しかしいつもやる気無さそうで顔にでねぇもんだからカッサンドラは冷や冷やさせられるだよ……」


チクワーブ「むっさい男共の中でぇ紅一点のべっぴんさんだで。顔に傷でもついたら親父さんにどやされちまわ」


ガンモ「んだらば、カッサンドラ抜きで製鉄するだよ。二日は現場戻さねえから気合いいれるだ」


コニャ「カッサンドラ一人で何人分やってるかわかんね。気抜けねぇわ」


チクワーブ「すげぇ奴だでな。親父さんのやり方ずっと見てんだ。全く劣らね」


ガンモ「だからこそだぁよ。体力ばっかりはどうにもならね。親父さんは伝説級のスタミナだっただ……」


チクワーブ「今でも充分すぎるだでな。焦りは禁物だで」


ガンモ「よぉし、頑張るだぁよ!!」

 

 


カッサンドラ「っべー寝てた。クソか」


カッサンドラ「鍛冶場多分でれねー。本でも読むっスか」


カッサンドラ「つっても親父の技法書しかねーしユグドラグリフ読めねーっスけど……」


カッサンドラ「ここの技法だけわかんないんスよねぇ……せめて実物があればわかるんスけど……」

 

 


カッサンドラ「……親父、自分にも作れるっスか。この『覇王の剣』ってのは……」