PFCS SS劇場!

パラレルファクター カルティベイトサーバーのSSをまとめるブログです。主にツイッターでのやり取りを纏めます!

【学園PFCS】うさぽん愛

キリコ「ちょっとハサマっち何その子!めっちゃかわいーじゃん!」


ハサマ「んー、なんかついてきちゃったみたい」


リーリス「何々?野良うさぽん?かわいー!」


紫電「……チッ。うるせーなーキャーキャー騒ぎやがって」


キリコ「ちょっと紫電、そんな言い方なくない?」


紫電「お前らこそ教室に動物持ち込むなんざどうかしてんじゃねーのか。ケモノくせぇんだよ」


ハサマ「確かに良くないねー。勝手についてきちゃったんだけど。先生に言って放してくる」


キリコ「まってよハサマっち。そんなに言うなら紫電に連れてかせよう」


紫電「はぁ!?なんで俺が……」


キリコ「ハサマっちについてきたのに、ハサマっちが返したらまたついてくるでしょ。嫌なら自分で返せば?あたし達は別に困ってないし」


紫電「なんだとぉ!?上等だよ、貸しやがれ!」


リーリス「ちょっと、喧嘩はやめなよー……」


キリコ「噛みついてきたのあっちじゃん!」


紫電「間違ったこと言ってねーだろ!!」


ハサマ「じゃあ任せたー。先生に言っとくー」


紫電「覚えてろよな!!ほら、ぶちまる、こっちこい!」パンパン


キリコ「……ぶちまる?」


ハサマ「……ぶちまる?」


紫電「な、なんだよ、名前は必要だろ!何て呼べばいいかわかんねーし……」


ハサマ「ぶちまるって呼んだら反応するみたいだね、この子」


リーリス「紫電ちゃん、このうさぽん知ってるの……?」


紫電「当たり前だろ。三丁目でくろすけとたまの子だ。ハサマお前、弁当に鮭入ってんだろ」


ハサマ「入ってるー」


紫電「こいつは鮭が好物で鼻が利くからよく人についてくんだ。だからってあげんなよな、栄養偏りがちで最近風邪ひきやすくなってるから。それにな、これくらいの子ぽんはあんまり撫でると、母ぽんが他人の匂いに心配してストレスたまるから、教室には持ってくんなっつったんだ」


キリコ「……お、おう……」


ハサマ「うさぽん好きなんだー」


紫電「ば、馬鹿言うんじゃねーよ!!嫌いだよこんなふかふかもちもちしてて人懐っこくて目を離したらすぐに寝てあったかくてアホな動物なんて!!」


キリコ「……紫電、ごめん。あたしが悪かったわ、ごめん。その子のこと任せるわ……」


紫電「はぁ……?ま、まぁわかればいいよ別に……。ほら行くぞぶちまる」


ハサマ「行ってらっしゃーい」

 

 


キリコ「ネーミングセンス可愛いなあいつ……(笑)」


ハサマ「好きなんだろうねー(笑)」


リーリス「凄く愛を感じました……(笑)」


キリコ「今度うさぽんカフェに連れてってみよう」