PFCS SS劇場!

パラレルファクター カルティベイトサーバーのSSをまとめるブログです。主にツイッターでのやり取りを纏めます!

【アイラヴ祭】策士の帰還

常務「大崎が帰ってくる。これが何を意味するかはお前らが一番わかってるだろうが、一度気を引き締め直せ。以上だ」


鴬谷(デブ)「ま、マジっすか……大崎さんは洒落になんないっす……」


新橋「生憎だが俺は明日から出張でレンの企画の下調べで各地方を転々とする。すまないな、助け船はだせない」


鴬谷(デブ)「勘弁してくださいっす……大塚さんは……」


大塚「大崎君とか……終わった……もうおしまいだ……ハハ……第三部・完……ブツブツ……」


テイチョス「大崎とは?」


常務「あぁ、うちの営業成績のナンバーワンだ。中々冗談のきかん堅い男でな、かなり気難しい奴で雑魚共に容赦がない。だが、どんな無謀な仕事も平然と期待以上の成果を生み出すもんで上層部からは重宝されている」


新橋「今年の初めから海外出張でいなかったからな、気が緩んだデブなんかは焦ってるけど、とてつもなく嫌な奴だが悪い奴じゃないぞ」


鴬谷(デブ)「矛盾してるっすよ新橋さん!」


新橋「いや、ムカつくけど味方ってことだ。お前、何回もケツ拭いてもらってるだろ」


鴬谷(デブ)「うぐぐ、それは反論できないっす……」


テイチョス「海外出張へはどういった理由で向かったのだろうか良ければお聞かせ願いたい」


常務「天帝ナンバー4の白玉きくりと共に、ワールドツアーに向かった。こちらがゴタゴタしていたので進捗報告は受けていないが、『You Cube』の公式MVの再生数が突如二桁ほどズレたところを見るに、心配はないだろう。元々失敗など考えてすらいないが」


テイチョス「なるほど。しかし、白玉きくりの経歴、職歴などの個人データに複数の異端な点がみられるが、これは一体?」


鴬谷(デブ)「あぁ、それはっすね、きくりちゃんは天帝にいながらジュニアアイドルなんすよ。所属してるプロダクションはチョコプロっす」


新橋「ウチの別支店みたいなものだよ。ドレスタニアプロダクション・チョコレートガールズという名前で、業界ではチョコプロと呼ばれてる」


テイチョス「チョコプロ……データの解析が完了した。小学生以下限定のアイドルや子役を中心に活動している姉妹プロダクション、と。ではなぜ白玉きくりが天帝に所属している?」


大塚「それが『彼』の力なんだよ……。大崎君は誰もしようと思わないことをズキュウウゥン!!って感じで平気でやって、成功させるんだ……おかけで我々はいつも窓際なんだ……」


常務「仕事中に巨大掲示板みたり便所で隠れてパズル&ドラグーンに夢中になるような無能は大崎がいなかろうが変わらん」


大塚「な、なぜそれを!?あれはほんの茶目っ気で……」


常務「お前の性格からカマをかけただけだ。貴様は後で顛末書を出せ」


大塚「ああぁぁんまりだあぁぁ!!」


新橋「大崎は経営戦略のスペシャリストだ。単純にきくりちゃんの知名度が現天帝を上回るような事態に陥ったところ、ドレプロの更なる利益と話題性を産み出すため、当時ナンバー6だった秋風はるるが引退した直後に大崎はドレプロ役員へ自ら提案した。まぁここだけの話上層部にはろくな者がいないんだが、大崎は彼らの弱味を大量に握っているとの噂が流れてる」


常務「他人をとことんまで信用していない皮肉屋だが、アルファのお前は気に入られるんじゃないか。あいつの好きそうなタイプだ。奴の指示は可能な限り請けると良い」


テイチョス「職務は全うする。上司からの必要な命令であれば従事しよう」


鴬谷(デブ)「あ、じゃあ本の少し頼みたいことがあるんすけど」


テイチョス「断る