PFCS SS劇場!

パラレルファクター カルティベイトサーバーのSSをまとめるブログです。主にツイッターでのやり取りを纏めます!

【アイラヴ祭】不穏な進捗

目白「…………」ブツブツ


常務「む……おはよう、目白。今帰りか……」


目白「…ントラ……ベントラ……スペースピーポゥ……」


常務「おい、目白。聞こえてないのか?」


目白「ヒイイイイィィィィィ!!!!!!!!あ、常務……お憑かれ様……です……」


常務「お、おう……朝四時の廊下でやられるとさすがの私でも困る反応だ……」


目白「……なんでもないわ……うん……この人は大丈夫だから……」


常務「(誰と話しているんだこいつは……)」


目白「珍しくお早いのですね……常務も屋上で交信ですか……?」


常務「いや、やり残しが少しあってな。ちょうど良い、軽くお前の方の進捗も報告してくれないか。本の少し受け答えする程度で構わん」 


目白「えぇ……わかりました……良いですよ……」


常務「すまないな、帰りがけに。蘭のプロデュースはどうだ?」


目白「上手くいってますよ……ランさんは素質があるのか喚びやすくて……」


常務「喚ぶ……?」


目白「私の手持ちの水晶も全部染まりましたし……今は特に貯まってますから……」


常務「……ソロデビューの舞台は決まったのか?」


目白「申請はしておりますので相手様次第です……。ランさんも毎晩相手の子を意識して森でたくさん打ってますので心配はいりません……」


常務「意味はよくわからんがとりあえず準備は出来てるということか……。相手、というと共演の予定だな?手の空いたアイドル、誰か残っていたか……?」


目白「お暇な方がいるではありませんか……。うふふ……まだハッキリと決着がついていないんでしょう……?」


常務「お前まさか………………いや、なるほどな……確かに悪くないな……くくく……わかった、手配してやる。その代わり、次は警備を固めた上での全国配信だ。不正はさせんぞ」


目白「ありがとうございます……ランさんもお喜びになります……」

 

 


常務「楽しいことになりそうだ。初めてだよ、あいつに再戦を申し出た奴は……」