PFCS SS劇場!

パラレルファクター カルティベイトサーバーのSSをまとめるブログです。主にツイッターでのやり取りを纏めます!

【アイラヴ祭】ライブ目前

紫電「うっわ……すげぇ……これ、まだライブ始まってないんだろ……?」


ひとこ「ファンが応援の練習してるね。い、勢いに潰されそう……」


タオナン「怒鳴り声もあるわよ!半分喧嘩じゃない!!テンション上がるわ!!」


紫電「なんでだよっ!(笑)」


タオナン「そこに火が燃えてたら油とか注ぎたくなるでしょ?」


ひとこ「そういえばタオちゃん、紫電ちゃんが怒ったときに加勢してたもんね」


紫電「派手好きな奴だよな……」


セレア「意外とタオナン向けのライブかもしれんのう……」


タオナン「レン側声出てないじゃない!!何やってんのよー!!」


紫電「しかし、こうやって上からみると面白いな。レンさんのファンとひじきのファン、全然違う」


ひとこ「ひじきさんのファンはみんな各々好きなようにジュース飲んでたり、座ったりして喋ってるけど、レンさんの方は凄く綺麗に整列してて、荷物や飲み物とかも邪魔にならないところに丁寧に置いてるね」


セレア「マナーの守られたレン側のファンからみれば、ひじきファンのだらしなさは許せないじゃろうな。レン側はより一層、ひじきに対し悪い印象を抱くじゃろう」


こはね「つまり、今この瞬間が一番公平ってこと……並みのアイドルじゃ、敵のファンの心を動かすなんてことはできないの……」


紫電「でも、ひじきは相手のファンを奪うタイプのアイドルだって言ってたじゃんか相当エグいことするんだろ?」


烈火「それは違うよ、むらさきくん」


紫電「のわ!!烈火さん!?」


こはね「烈火……珍しいね……みんなと一緒に観るの……?」


烈火「こはね……。私のいっこちゃんに内緒で手出されたくないかんね。問題ある?」


こはね「ううん、嬉しいの……。烈火と一緒にライブ楽しんだこと、無いから……」


烈火「ぐぎぎ、あざとい……いっこちゃん、あいつ、近寄っちゃだめだかんね!一般人のふりして虎視眈々と首を狙う魔性の子だ!ほっぺたぷにっぷにだから、触ったら一巻の終わりだぞ!」


ひとこ「そ、そんなことするの烈火さんだけですっ!!」


烈火「なんだとぅー!!先輩に楯突くかぁーこうしてやる!!」


ひとこ「わぁ!!やめてくださぁい!!」


紫電「お、俺のひーちゃんをぷにぷにするな!!じゃなくて、話の続き!!えっと、何が違うんだ?」


烈火「あー、そうそう、しのっちがエグいことしてるかって話。それは間違い。しのっちはアンチが他のアイドルの10っ倍は多いからねー、変な噂が良くたつんだよ」


ひとこ「どう違うんですか?事実、他のアイドルだって被害にあってます。それってやっぱり悪いことじゃ……」


こはね「ひじきは、いつでも正々堂々なの……。実力で勝負して、相手のファンの心を動かす事ができる……」


セレア「天帝ならあやつの凄さを誰もが理解しておるのじゃ。ひじきは、間違いなく天帝としての器を持っておる」


烈火「天帝だって、一般人と同じように好きなアイドルがいて、ファンでいてもいいじゃない?今ここにいる私たちは、正真正銘、東雲ひじきの大ファンなのさっ!」


ひとこ「天帝のトップ3が……ひじきさんのファン……?」


紫電「そこまですげぇ奴なのか、ひじきって……」


セレア「もう始まる頃じゃのう。お主たちも良く見ておくといいのじゃ。影のアイドル界を統べる『闇の天帝』の姿をのう!」


ひとこ「……闇の天帝!!」


紫電…………ああぁ!!!まさか!!!!


タオナン「うわ!びっくりした!真横で大声出さないでよ紫電!!」


ひとこ「ど、どうしたの紫電ちゃん!?何か知ってるの!?」


紫電「あ、あんたまさか、柚木こはねさん!?


タオナン「え!?!?マジで!!??


ひとこ「今更かぁー!!!!

 

 


こはね「……」


烈火「なんか、うん、元気だして……」


こはね「うん……」