PFCS SS劇場!

パラレルファクター カルティベイトサーバーのSSをまとめるブログです。主にツイッターでのやり取りを纏めます!

【アイラヴ祭】序列六位『琴浦蓮』

ラン「レン、いますか……?」


レン「何?今練習中なんだけど。そんくらい観てわかんない?」


ラン「ごめんなさい、ごめんなさい……」


レン「どんくさ。うざい。何しにきたんだよ」


ラン「来週の対バンの相手、『あの』東雲ひじきさんって本当なんですか……?」


レン「そうだけど。それが何?悪いわけ?まさかとは思うけど、僕が負けると思ってるの?ラン」


ラン「ごめんなさい……そんなんじゃなくて……」


レン「あー!!イライラする!!何なんだよ!もっとはっきり言えない!?」


ラン「ご、ごめんなさい……ごめんなさい……」


レン「ちっ……はぁ、悪かったよ。僕はライブ前、ナーバスになるタイプって、ランならわかってるよね……?だから一人で練習してるのにいつも君は……わかった、ちゃんと聞くよ、話して」


ラン「そ、その、私、聞いちゃったんです……。ひじきさんは『ファンを奪い取るタイプのアイドル』だって……。レンが努力で増やしてきたファン達、もしもとられちゃったらって思って……その……」


レン「……聞いたことはあるよ。別名『ネクロマンサー』。あいつは対バンしかやらない、超攻撃的な妖怪のアイドルで、あの『楠千都世』も一度ファンをごっそりもってかれて、痛い目にあったそうだね」


ラン「だからですね……その……私、心配で……」


レン「大丈夫だよ、ラン。何せ、僕は序列六位『琴浦蓮』。東雲ひじきは七位だ。僕とランは苦い思いもたくさんしたけど、人一倍の努力でここまでやって来た。真面目にアイドルする気のない格下の奴なんかに負けるもんか!」


ラン「そ、そうですよね……ごめんなさい、練習の邪魔してしまって……」


レン「……ラン、僕らは双子だけどさ、君は一応、僕の姉なんだよ?ウジウジするのやめなよ。イライラする」


ラン「ご、ごめんなさい……ごめんなさい……」


レン「ふん……とりあえず、バックを任せるから練習はしてよね。もし本番中にミスしたら、ランのせいだからね」


ラン「……ごめんなさい……」