PFCS SS劇場!

パラレルファクター カルティベイトサーバーのSSをまとめるブログです。主にツイッターでのやり取りを纏めます!

【アイラヴ祭】三匹の亀さん

セレア「お、遅すぎじゃろ!!いま何時だと思ってるのじゃ!!」


紫電「ごめん…ひーちゃんとタオは悪くないんだ、俺がみんなの目覚ましぶっ壊したりしなければ…


タオナン「モーニングはどこ?私、朝は紅茶とパンケーキなんだけど…


ひとこ「ご、ごめんなさい……緊張して寝れなくて……」


セレア「えぇいもういいのじゃっ!モーニングとってる暇はない!今日は社会科見学なのじゃ!お主たち、どうせ種族別のライブ特性なんて知らないじゃろ?アイドルをする上で知らねばのう。そこで、今日は『天帝7』の一人である精霊アイドル『桜木烈火』の野外ライブを観に行くのじゃ。早く支度するのじゃー!」


タオナン「なんでよ、DVDで良いじゃない。今日外風強くて寒いわよ?あんたはアルファで感じないかも知れないけど…ふあぁ…」


ひとこ「マイペースだよねタオちゃん…w」


紫電「まぁでもタオの言う通りだぜ。こんな悪天候の日じゃ盛り上がらなくて参考にならないだろうし、正直日を改めた方がいいと思うけどな」


セレア「ばかもの!なのじゃ!!精霊のライブの真骨頂は、悪天候なのじゃ。まぁ行けばわかるのじゃ」


ひとこ「わかりました!あのー、ところで、なぜセレアさんは私たち三人を呼んだんですか…?」


セレア「あぁ、知らされてなかったかのう。研究生は最初のうちは、「天帝7」の元でアイドル研究をする。お主たち三人は、わらわが担当することになったから、よろしくなのじゃ」


ひとこ「えぇー!?セレアさんが!?


紫電マジ!?(ひーちゃんとタオと一緒だ!やったぁ~!)


タオナン「仕方ないわね、しっかりエスコートしてよ(テイチョスの代わりの新しい使用人アルファね)


セレア「喜ぶのはまだ早いのじゃ。なんでお主ら三人が集められたのかわかるか?」


ひとこ「えっ、えーっと…仲よしだからですか?」


紫電!(ひーちゃんに仲良しって言われた!)


セレア「それはのう、『今年のオーディション・ワースト3』に選ばれた劣等生だからなのじゃ」


紫電はぁー!?俺が劣等生!?


タオナン「えぇ!?冗談じゃないわ!審査員腐ってんじゃないの!?


ひとこ「そんな!!私もワーストなんですか!?


紫電「!?」


タオナン「!?」


紫電「(『も』って言った!ひーちゃんいま『も』って言った!)」


タオナン「(お、落ち着くのよタオナン!そんな筈ないわ!き、きっと間違いよ!家庭教師にパパって読んじゃうのと一緒だわ!多分!)」


セレア「うむ、そうじゃ。紫電、おぬしは基礎能力はそれなりにあるけど、アイドルとしては絶望的なほどアガりやすくて、服といい選曲といいセンスが乏しいのじゃ。タオナンは歌唱力とモラルがなっとらん。そしてひとこ。お主は存在感が無さすぎて、名簿に手書きで書かれとる程なのじゃ。目立たなくてはならんアイドル界の中で、武器がないのは致命的なのじゃ」


ひとこ「そ、そうですか…えへへ、ちょっぴり、ショック…(あんなに頑張ったのに、それでも最低レベルだったなんて…これがアイドルの世界なんだ…)」


紫電「ま、まぁ俺、元々アイドル志望じゃないし…妥当っちゃ妥当か…(ひーちゃんに迷惑かけてる気がする…お願い…嫌いにならないでひーちゃん…)」


タオナン「改めて冷静に言われると…堪えるわね…(そういえばテイチョスも言ってたわ…みんな私の歌のレベルが高すぎて正しく認識できないんだって…私がこの腐ってしまった世の中を変えなきゃ…パパみたいに…)」


セレア「(…ひとこは実質中の上じゃけど、逆境耐性やメンタルが弱いのじゃ。わらわが無理して組ませたのじゃけど、やはり正解だったのう。本番のヤジやアンチファンは、もっと酷いのじゃ)」


セレア「だからこそ、なのじゃ。あぐらをかいてるウサギ達に負けないよう、人一倍勉強するのじゃ!落ち込んでる暇はない!ライブに行くのじゃ!」


ひとこ「はい!!よろしくお願いします!!


紫電俺も頑張るぜ!(頑張って汚名返上しなきゃ!)」


タオナン「いまにみてなさいよ!(新世界の神になるわ!!)」


セレア「よーし、その意気なのじゃー!!」

 


***

 

妖怪研究生「烈火さん~っ!無理です!風で音飛んじゃいます!!きゃあぁスカートもめくれ放題です!!チャンスタイムです烈火さん~!!」


鬼研究生「お、鬼の私でも、こんな日にライブなんて無茶だと思いますっ!!やだ、雨もふってきた!!」


烈火「あっははー!!だっらしないなぁ~!!おっ前達ぃ!!それでもアイドルなっのか~!!?


妖怪研究生「だってぇ~!!きゃあぁ胸も揺れ放題です!!烈火さんジャックポッドですぅ~!!」


鬼研究生「ひぃっ!やだ、雷鳴ってます烈火さん!あたし雷ダメな方の鬼なんです!!


烈火「しっかたないな~!!じゃーおっ前たちはそっちで見てんだよ~!精霊の真骨頂『野外ライブ』…。見っせてあげるから覚悟しなっさーい!!」

 


烈火「見てらっしゃいよセレア…。最っ高のアイドルはこの『バーニングストーム』こと『桜木烈火』だってこと、今度っこそ教えてあげるよ!!あっははー!!