PFCS SS劇場!

パラレルファクター カルティベイトサーバーのSSをまとめるブログです。主にツイッターでのやり取りを纏めます!

【アイラヴ祭】オーディションの日

紫電「お、おいっ!……な、名前、何て言うんだ、お前…」

 

ひとこ「え、わ、私っ?あ、霜月ひとこです……(き、綺麗だけど怖そうな人だなぁ…)」

 

紫電「そ、そうか……よろしくな……お、俺その、あんまり自信なくてさ……みんな綺麗だな……」

 

ひとこ「あはは…そうだよね、あがっちゃうよね……私もさっきから落ち着かなくて……あ、えっと…」

 

紫電「あ、ご、ごめん!俺、紫電!鬼だから名字ないんだ」

 

ひとこ「よろしくね、紫電ちゃん!オーディション頑張ろうね…(思ってたよりいい人そうだぁ、良かった~!)」

 

紫電「あぁ、ステージにさえあがっちまえばどうにかなるよな…!集中すればいいだけだし…」

 

ひとこ「本当、この待ち時間が一番辛いよー…。紫電ちゃん鬼の子なのにアイドル志望なのって珍しいよね、今日は何歌うの?」

 

紫電「……えっ?何、歌……?」

 

ひとこ「うん、オーディションの歌。鬼の子ってパフォーマンス部門が殆どだから、アイドル部門をうけるのって珍しいなーって」

 

紫電「………………………………………えっ」

 

ひとこ「紫電ちゃん?ど、どうしたの…?」

 

紫電「待って、ねぇ待って待って、パフォーマンス部門じゃないのここ…えっ、えっ、えっ?だってだって、二次審査ってここだってこの紙に…」

 

ひとこ「え、えぇっ!?し、紫電ちゃん、一次審査から間違えちゃってるよっ…!これ、アイドル部門の申し込み書だよ~!」

 

紫電「えぇっ!ど、どどどどうしよう、ねぇ、どうすればいいの?やっちゃった、やっちゃったぁーっ!どうしようーっ!!」

 

ひとこ「まって、まって、落ち着いてっ!と、とにかく今日のりきるしかないよぅ…!申し込み書の歌える曲の欄に書いたのが今日歌う曲だよ!」

 

紫電「えっと、えっと、確か…」

 

 

『いとまきまきの歌』

 

 

紫電「………………………」

 

ひとこ「………………………」

 

紫電「………良かったぁ歌える!!助かったぁー!!

 

ひとこ「す、すごいポジティブだぁーっ!!!!