読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PFCS SS劇場!

パラレルファクター カルティベイトサーバーのSSをまとめるブログです。主にツイッターでのやり取りを纏めます!

こどもの日②

カルマポリス(若返った人たち)


見た目十代になった解剖鬼


(どうしよう……。何となく若返ったっぽい気がするけど、もともと十代くらいに身体年齢を固定してるから見た目が全く変化してない……)


見た目が十代になった老人


「やべぇ……、ナンパし邦題だ……」


解剖鬼「そのお前の後ろに連れている女の子たちはなんだ?」


青年(中身は老人)「……ナンパした」


解剖鬼「……金づるにされたの間違いじゃないのか?」


青年「いやぁ、うまぁく乗せられちゃいまして」


解剖鬼「『若気の至り』だな」

 

ドレスタニア(保護者レウコトリカ)


「ちいさくなった…?というか子供に…?もう驚かねえぞ…レウコトリカのせいだな」


「兄さん…かわいい!えへへ~おいでおいで~」ぎゅ~


「…!」(これはこれで悪くないかもしれん…)

 

ドレスタニア(保護者 邪神さん)

 

「おはようございます」


「ガキ…だれだおまえ…」


「あなたの下僕のシモン・アンサスですよ。見てわかりませんか」


「ファーwwwwなんだそれwwwwwwちっちぇーwwwwwwwww」


笑い転げて椅子から落ちる


「相変わらず楽しそうでなにより」


「わたしはまったく楽しくありませんけど。しかし困りましたね、狩りが困難になってしまいます」


「それよりよぉ…」


「はい?」


「おまえ、ちっちゃくなったってことはよお、魔力とかはどうなんだよ?そのままか?」


「いいことに気が付きますね」


「まあな」


「狩に出る前に力試ししておかなければなりませんねえ」


「…普段からやりたい放題されてるからよお…一発殴らせろよお」


「おや、子供に手を上げるなんていいご趣味ですねえ」


「なんとでも言えよ、言えるうちにな!」


数分後、そこには消し炭になった邪神が。


「さあお遊びはここらへんにして行きましょうか」


「」


「あなたのおかげで魔力はそのままらしいことがわかりました」


「」


「同じ歳くらいの子供なら狩りができそうですねえ」