吟遊詩人と女海賊

紫電「野郎共!島が見えてきたぜ!」 (流石姉御だぁ!コンパス無しでも余裕だぜ!!) 紫電「お頭って呼べ!!」 船はベリエラから東のラビリンスに向かっていたが、ここエルドストは西である。 吟遊詩人のシャムスは浜辺を何となく散歩中。 シャムス「フンフンフーン♪、っと。お??なんかやたらとでかい船が……海賊船?」 …