読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PFCS SS劇場!

パラレルファクター カルティベイトサーバーのSSをまとめるブログです。主にツイッターでのやり取りを纏めます!

チュリグとエルドスト、親交を深める。

チュリグの王ハサマは台風に乗ってエルドストの広い大地へと降り立った。辺りを見回すと人の気配はほとんどしない。ハサマは悠々と徒歩で歩き出した。台風を偶然観ていた少年、カマルは、台風上陸地点にいるハサマを見て驚いた。 カマル「うわっ、何だあんた…

吟遊詩人と女海賊

紫電「野郎共!島が見えてきたぜ!」 (流石姉御だぁ!コンパス無しでも余裕だぜ!!) 紫電「お頭って呼べ!!」 船はベリエラから東のラビリンスに向かっていたが、ここエルドストは西である。 吟遊詩人のシャムスは浜辺を何となく散歩中。 シャムス「フンフ…

グリムのお散歩ドレスタニアその2 ガーナとの対面

グリムはヤミタと別れたあと、能力を使ってドレスタニア国立公園に転移すると、目の前にガーナがいた。 ガーナ「…………驚かんぞ。こんな現れ方をする国はチュリグしか知らないからな…」 唖然としている。今しがた誰かと話していたようだ。 グリム「その割には…

ソラの休暇 ドレスタニア国立公園

ソラ「ここですか、ドレスタニアは。久しぶりに来ますね」 ガーナ「失敬、君は、ルーカスの部下では。」 ソラ「あなたは…ガーナ王。まさかここでお会い出来るとは。はい、俺がルーカス様の部下、ソラです。」 ガーナ「かしこまらずとも構わん。もう引退した身だ…

グリムのお散歩ドレスタニアその1 狼少年ヤミタ

ヤミタ「なー!紫のねーちゃん!そこのボールとってー!!」 グリム「いいですよ」 取って渡した ヤミタ「紫ねーちゃん妖怪?妖怪の匂いがするぞ!」 ニコニコと近寄ってくる。 ヤミタ「俺も妖怪なんだ!」 犬耳をピコピコ出す。ちなみに目を見ればサターニ…

急病人ハティの胃洗浄プレイ

ヴィダル「ここにお医者さん居たはずだけど…」 レウカド「…あ、えっと、いまはレウカド先生は診察やってないみたいー」 どうせバレる嘘を白々しく言う先生(女) ヴィダル「白衣着てるじゃないですか。看護婦さんですか?さっき連れが泡吹いて倒れたので診て欲…

レウカド先生(♀)、覚醒ソラ君に襲われる

ソラ「レウカド先せ…」 とくに用事はないが遊びに来たソラは、レウカドを見て固まった。ソラの非常に珍しいぽかーんとした顔が見える。 レウカド「ッ…あんまり見るな、俺も慣れてない」 自分の体を包むように腕を組んでいる。 ソラ「……えっ???えっと僕… レウ…

レウコトリカくん、ハサマ王と会う

???「あっひさしぶりーハサマ王!元気か!」 前回とは変わって太い声がする… ハサマ「あ、レウコトリカくーん。服くらいは着ようかー!」 簡易的な衣服を渡す レウコトリカ「わはは!それ兄さんにも言われたー」 衣服を着るが、着方がわからずまとめて腰…

クレスダズラの使者、チュリグ王に会う。

ハティ「どこだここは…ヴィダルもシグフルドも居ない…また迷子に…なったのか?いや。そんなはずはない。そんなはずはないぞ。」 グリム「…………迷子の方ですか?」 ハティ「ちちち違う!俺は断じて迷子になどなっていない。はぐれただけだ!」慌てて羽をバタバ…

シュンのチュリグ生物生態調査

〜シュンはソラばっかチュリグ調査してずりぃぜ!と、単身チュリグに乗り込んだ。ただ、シュンはチュリグの調査には慣れていなかった。一応調査内容は、チュリグの生物について、なのだが…〜 シュン「生物調査っていってもなんだよー。ヒルにだけは血ィ吸われ…

ベリエラでハント!クロマ様のペットハンティング

たくさんの毒持ち生物で危険なベリエラにクロマはいた。子供のように目を輝かせながら。理由は勿論新たに魔物を飼うためである。 草の茂みから現れたのは、サソリのような見た目をもつ体長約40cmのクモ。ギチギチと音をたてながらすぐに木の影に隠れてしまっ…

ヴィランズ集会「ドレスタニアとチュリグのヴィラン」

※メイムさんの不思議な力で、話し相手の心の台詞が同時に表示されます。メイムさんからは漫画の吹き出しのように視えるそうです。 喰らう者さんがメイムさんのところに近づいてきました。「ガーナ死ね」と連呼しているようです。 喰「テメェ見てんじゃねぇぞ」 …

ヴィランズ集会「アンティノメルとチュリグのヴィラン」

メイムは路地裏で数人の男に絡まれていた。 普通の人間なら必死で振り払うか諦めるがメイムはそのどちらでもない。いつも通り男達の心中を言うと化け物と罵りながらメイムの側を離れ別のところに退散するとメイムはどこへいくでもなくフラフラと歩いている。…

マッハ・ダガーのチュリグ・サバイバル

マッハ・ダガーは思考していた。ここチュリグではハサマ王に一度裁かれている者が歓迎される筈がなく、同時に国外に出ることもできない。外国へ行くことを誰に強制されている訳でもないのだが、マッハ・ダガーは悟っていた。《ここからは逃げられない》。少…

はぐれキナコ

キナコ「わぁ~すっげぇ~!」 グリム島にて。触ったら噛みつく花が群生している森に一人で迷いこみ、不用心にもウキウキと触ろうとしているはぐれキナコ。触ろうとした途端植物は一瞬にして燃え尽きた。 「おや、随分と危なっかしい迷子ですね」 キナコ「う…

マッハ・ダガー 末路

アンティノメルの召喚士マッハ・ダガーは舐めていた。そいつのことを。子供のように誰にでも分け隔てなく接するチュリグの国王として知られるアルビダ適当に謝れば許してくれるだろう。そう思っていた。だが現実は甘くない、何処の誰にだって限界はある。個…

騎士団長ショコラ

「白玉聖騎士団長、ショコラが参りました。ガーナ陛下。」片ひざをつき、大理石の床に写る自分を見ながらショコラは王に頭を下げる。青くなびくマントにはかすかに霜をまとい、吐く息は白く、足元はパキパキとヒビの入る音がする。「ショコラ、また敵を逃が…

VSアンティノメルの召喚師!

ソラの精霊魂回収事件捜査

〜ソラはアンティノメルでの魂回収について調査を行っていた〜 ソラ「…謎のギャング精霊の魂回収。何が起きているんでしょうか…」 クロマ「やあソラ君、どうかしたの?」 ソラ「最近アンティノメルでギャング精霊が急な勢いで減っていってるのです。何か心当た…

竜の試練:ガーナ編

鳴り響く落雷の音を始め、みな一様に竜の巨体へ向かって走り出す。竜の試練。腕のたつものは心を昂らせ、闘志を燃やす。崩れる岩、巻き起こる熱風の中で、ガーナは一人膝をつき踏み込めずにいた。 「傷が疼く…こんな時にか…」 横一線に裂かれた腹の古傷は、…

ペストマスク旦那:ドレスタニアの王宮に逝く

ペストマスクの旦那「失礼する。とりあえず、私の顔に見覚えは?」(ペストマスクをコツコツと指で叩く) ショコラ「どなたですか?迷子でしたら出口まで案内しますよ~♪」 旦那「本当か!実は迷子になっていてな。レウカド先生に診てもらったんだが、その後道…

ソラのチュリグ有毒植物調査

ソラはチュリグの調査に来ていた。チュリグの観光地や、チュリグの気候、植物について調べに来たのだ。 ソラ「しかし、早々迷うとは…チュリグはやはり複雑ですね」 クロマ「やぁ、観光かな?」 ソラ「観光というより、調査ですね。気候、自然、植物などの調査に…

外交官エリーゼ、チュリグへ行く

エリーゼ「ドレスタニアで外交をしております、エリーゼと申します。チュリグ国王はいらっしゃいますか」 ハサマ「ガーナ君のメイドさん?どうしたの?」 エリーゼ「お初にお目にかかります。本日は元我が国王ガーナには内緒で来ております。様々な薬の輸入…

ソラとシュンの新婚旅行、チュリグにて。

新婚旅行をソラとシュンは楽しんでいた。次はチュリグに観光する予定だったが、ソラは少し不安であった。 ソラ「…チュリグ…嫌なことが起きなければいいのですが…」 ハサマ「どしたのー?」 ソラ「あ…ハサマ王。お久しぶりです…その、お、俺らが手を繋いでいる事…

ティナ君とお客様その①

ハニーデビルは獲物を篭に閉じ込めるように、長さの違う葉が内側に巻きつく構造になっている熱帯の観葉植物である。 それぞれの葉の先っぽから分泌される液は、糖の塊でハチミツのような粘り気があって、触れた昆虫はさながら蜘蛛にとらわれたがごとく身動き…

悪夢

その少年は、産まれながらにして自分という存在が無かった。 妖怪として生を受け、物心つく年頃まで両親、村人全ての人に全てを任せられ、愛情深く育てられた。 「君はみんなで、みんなは君なんだ」 村の者は、彼を諭し続けた 彼は何もしなくても、村の一番…

竜の試練:ハサマ

「ハサマとやら、我を楽しませてみよ」 ジ・アースの偉大な竜、プロレキス•オルタは緑色の不思議な国王を名指しで呼んだ。国王ことハサマはというと子供のような笑顔で 「楽しんでくれるように頑張るね!オルタさん!」 と初対面だというのに親しげに返した…

アリスとグリムの観光記録

アリス「…なんかこっちに来ちゃった…」(アリスは謎の空間を抜けたらチュリグである事に戸惑っている。) 「………おや、観光ですか?」 アリス「あたし、謎の空間抜けたらこんな場所に居たのよ!どこ、ここ。チュリグ?」 グリム「チュリグですね。謎の空間……あー…

ダンテとハサマと観測者

ダンテ「あー、暇ー!アタシチュリグまで来ちゃったわよ」(ダンテはフワフワと浮かびながらチュリグまでやって来た。) ハサマ「君だーれ?」(いつの間にかいた) ダンテ「アンタこそだぁれ?嬢ちゃん。アタシはン・ロヴォロス・ダンテよ。精霊だわ。観光するか…

ハサマとレウカド

ヒョッコリ 「うわ、びっくりした。あんたまさかちゅりぐのおうか」 「そうだよー。君は誰?」 (びっくりしすぎて全文ひらがなで送信してしまったレウカド)「医者のレウカドだ…王様にはもっと畏まったほうがいいのか?」 「ああ闇医者さんかあ。畏まらなくていい…

ソラの診察

こんにちは。ソラと言います 「…はじめまして、だろうな。医者のレウカドだ、よろしく」 失礼、始めましてでしたか。レウカドさん、よろしくお願いします。あなたの名前は何回か聞いたことがあります。 「アンティノメルにまで…悪名高くなってきたってとこか…

ハサマとスヴァ=ローグ 雛祭りSS

ハサマは従者宛にクレスダズラに行くという置き手紙を残した後二階の窓から外へ飛びだす。足元に竜巻を起こし成長させながら。ある程度の高度まで行くと最終形態となる台風にまで成長し、ハサマは自身を中心部分に収納していた。 数時間程経った頃にハサマは…